▼▼注目のタイムセール商品▼▼

→セール会場を見る

ワイルドフィット|オリンピック・ダンベルシャフトをレビュー@長いのがデメリット

 ワイルドフィット・50mmダンベルシャフトの口コミを見る
この記事ではワイルドフィットのオリンピック・50mmダンベルシャフトを購入した感想を書いています。
もし、あなたが、、、

  • ワイルドフィットのオリンピック 50mmダンベルシャフトを購入した感想を知りたい
  • オリンピック 50mmダンベルシャフトの購入を検討している
  • ホームジムを考えている

って方の参考になれば幸いです。

ホームジムを始めたときに1番はじめに買ったときは28mmのダンベルセットでした。
今は、50mmのオリンピックシャフトとプレートもあるので2種類の規格(28mmと50mm)があるので部屋が狭くなっています。
そこで、50mmのダンベルシャフトを購入して28mmのダンベル、プレート、EZバーなど処分することに決めました。

【家で筋トレ】50mmダンベルシャフトを徹底比較@おすすめはワイルドフィット!!


ワイルドフィット|50mmダンベルシャフトの感想

 モチベーションが爆上がりする!!
28mmと50mmの大きな違いは「スリーブが回転するか回転しないか」です。

スリーブがあることでプレートの重さにバラツキがあってもバランスを取ってくれます。

とくに、自分は「スリーブが回転するか回転しないか」はあまり関係ないです。

なにを重視したかと言うと、、、

「家に50mmのオリンピックバーベルとダンベルがある!!」っと気分が高まるからです。

購入するとわかるんですが、はじめて買った28mのダンベルだと「注文した商品が家に届いたなぁー」くらいの軽い気持ちです。

ですが、家に50mmのオリンピックバーベルとダンベルが届くと「やったー!!家に届いた!!俺だけのオリンピック!!」っとモチベーションとテンションが爆上がります。

子供の頃に例えると誕生日とクリスマスが同時に来たような感じです笑

購入しようと思ったちゃんとした理由もあって、、、

  • 50mmに統一して28mmを処分する(部屋を広く使いたい)
  • 今より重たい重量でトレーニングしたい

この2つもあります

管理人・啓一
管理人・啓一
DIYでプレートラックで作りをしたいので部屋を広くしたかったんです。あと、バーベルラックも変える予定です。

画像でレビュー!!

 ここからは画像を中心にレビューします
箱です。毎回思うんですが、こんなに重い荷物を届けてくれた配送業者(佐川急便さん)には感謝の気持ちでいっぱいです。

今回はカラーも一緒に注文しました。バーベル用のが2個あるんで我が家には4個あります。

納品書と注意書きの紙も同封しています。

ダンベルシャフトは1個ずつ専用の箱に入っています。

ダンボールと黒キャップはホッチキス(3箇所)で止まっているのでニッパに取ると外れます。


ビニールに包まれています。

テンションが爆上がる瞬間!!

カラーとプレートをガッチャンコ!!

機械油っぽいニオイがあります。個人的にはこのニオイは好きです。昔、家電製品を分解して基盤から独特のニオイがして興奮した感覚に似ています笑
油が薄くなれているので使いはじめるときは、タオルか雑巾で拭き取ったほうがいいでしょう。

使った感想

50mmのダンベルシャフトは短所が長所になって長所が短所になる場合があります。

メリットとデメリットとハッキリ分けるのではなく特徴として捉えてほしいです。

28mmのダンベルと比較すると、、、

  • 脱着が50mmのほうが簡単
  • 重い重量にできる

この2つが50mmダンベルの良いところです。

28mmタイプのシャフトはスクリュー式が多いのでプレートの脱着が面倒くさいですが、50mmはプレートをサッと入れてカラーでパチっとすれば完了です。

また、プレート受ける部分は50mmのほうが全長が長くプレートを多くつけられるので28mmより重くできます。

ただ、長いのでやりづらい種目が出てきます。

ダンベル・デッドリフト、ワンハンドローはシャフトが長いのでシャフトが体に当たったりシャフト同士が当たります。

慣れるまでは気が散ると思います。

長いと良いところもあってEZバーの代用にできることです。

1つのシャフトを使って、、、

  • アームカール
  • トライセップスエクステンション
  • ベントオーバーローイング

これらができます。

ホームジムだと場所が狭いので限られた環境と予算でトレーニングするっと考えるとシャフトが長いことは長所になります。

まとめると、、、

50mmのダンベルは28mmより長いので、、、

  • 重い重量にできる
  • シャフトが体に当たったりシャフト同士が当たりやすい
  • EZバーの代用になる

ってことです。

管理人・啓一
管理人・啓一
プレートもワイルドフィットです。ワイルドフィットのプレートは12角形のウェイダー型プレートで掴む部分もあり置いたときに安定感もあるので使い勝手が良いのでおすすめです。

3種類のダンベルシャフトで悩みました

ワイルドフィットの50mmダンベルシャフトを注文しましたが3種類のダンベルシャフトで悩みました。

候補は、、、

  • アイロテック
  • FitElite(フィットエリート)
  • ワイルドフィット

この3種類でした。

アイロテックは家庭用のホームジム器具でお馴染みのメーカーです。3種類の中で値段が1番高くカラーが付属します。経験上、付属するカラーは使えないものが多いので1番最初に候補から外しました。付属カラーが使えないのはバーベルセットとアイロテックのEZバー(28mm)で経験済みです。

次に、FitElite(フィットエリート) とワイルドフィットのどちらかで迷いました。

FitElite(フィットエリート) のほうが値段が少し安かったんですけど、持っているシャフトとプレートがワイルドフィットだったので統一したほうが良いと思ったので、ワイルドフィットの50mmダンベルシャフトを購入しました。

FitElite(フィットエリート)はデザインがシンプルで値段も良心的でおすすめのメーカーです。
ホームジムを考えている方は、FitElite(フィットエリート)の商品も候補に入れたほうが良いと思いますよ。

ちなみに、ダンベルは各メーカーによってサイズと重さが微妙に違います。

アイロテック:全長515mm プレートスリーブ 180mm 重量6.3kg

FitElite(フィットエリート) :全長510mm プレートスリーブ 160mm 重量 5.2kg

ワイルドフィット:全長500mm プレートスリーブ 175m 重量 5.5kg

プレートスリーブとはプレートを受ける部分の名前です。
アイロテックはカラー込みの重量だと思います。

管理人・啓一
管理人・啓一
全長が長いとダンベル・デッドリフトとワンハンドローがやりづらかったのでワイルドフィットの全長500mmで正解でした。