▼▼注目のタイムセール商品▼▼

→セール会場を見る

自宅でケーブル|ホームジム用のマシンはコレ!自作と代わりになる筋トレも紹介

noname
この記事では自宅でケーブルトレーニングができるマシン(器具)について詳しくまとめています。
もし、あなたが、、、

・家でケーブルトレーニングをしたい
・ケーブルトレーニングができる器具の種類や特徴を知りたい
・自作で作る方法はあるの?
・ケーブルトレーニングの代用できる方法ってなに?

って方の参考になれば幸いです。

動画でも紹介しています↓↓↓


家でケーブルトレーニングをする方法


自宅に専用のマシン(器具)があれができます
通販で購入できるマシン(器具)は、、、

  1. マルチホームジム
  2. ラットマシン
  3. マルチオプションベンチ
  4. パワーラック

この4つです。

これらの器具があれば自宅で懸垂することができます。
それぞれ特徴やメリットやデメリットがあるので簡単にまとめて紹介します。

マルチホームジム


メリット

  • 全身の種目を行える
  • 重量設定が簡単
  • 種類が多く
  • 1畳程のスペースで設置ができる

 

デメリット

  • 組み立てるのが難しい
  • 置いたら手軽に移動ができない

 

ラットマシン


メリット

  • マルチホームジムよりは組み立てが簡単
  • ラットプルダウンをするときに膝を固定できる

 

デメリット

  • 行える種目数が少ない
  • 取り扱っているメーカーが少ない
  • 置くスペースが必要

 

マルチオプションベンチ


メリット

  • 手軽に移動ができる
  • インクラインベンチや脚トレもできる

 

デメリット

  • ガタツキがあり質が悪い
  • 耐荷重が低い

 

パワーラック


メリット

  • ケーブル種目の他にフリーウエイトもできる
  • 安定感がある

 

デメリット

  • 大きい
  • 値段が高い
  • 床の補強が必要
  • 設置したら簡単に動かせない

自宅でケーブルトレーニングができるマシン(器具)のまとめ


4種類の器具のメリットとデメリットをまとめました。

ケーブルトレーニングができるマシン(器具)を買うには「種目数、予算、確保できる部屋の広さ」この3つを基準に選んだほうが良いと思います。

マルチホームジムは、、、

  • ケーブルトレーニングで全身を鍛えたい
  • 重量設定を簡単にしたい

って方におすすめですが、組み立てが大変で一度設置したら簡単に移動できないことも覚えておきましょう。

ラットマシンは場所を確保できる。複数人でトレーニングしたい方におすすめです。

マルチオプションベンチは省スペースでたくさんのトレーニングをしたい方におすすめです。

インクラインベンチとしても使えますし、アタッチメントを交換すると脚のトレーニングもできます。
1台あれば、フリーウエイト(トレーニングベンチ)、ケーブル、レッグカール、レッグエクステンション、プリーチャーカールができるのでお得な器具です。

ラックはウエイトトレーニングもしたいって方におすすめです。

ただし、値段も費用もかかりますし床の保護もする必要があるので、それなりの手間はかかると思っていいでしょう。

まとめると、、、

ケーブルで全身を鍛えたいならマルチホームジム

設置できるスペースに余裕があるならラットマシン

コスパを優先させるならマルチオプションベンチ

本格的にトレーニングをしたならパワーラック

って感じでしょうか。

自作する方法もあります


個人的にホームジムを楽しむ方法は「限られた環境で理想のトレーニングをするにはどうすべきか?」っと考えることです。

DIYが好きな人は、そもそも器具を買わずに自分で作ることもできます。
自分自身、鉄工場で勤務経験があるのでAmazonやモノタロウで部品を見ながら自作する方法を考えることが好きです。

ケーブル種目ができるように自作することも考えています。

ハーフラックがあるので滑車とワイヤーがあればケーブルトレーニング(ラットプルダウン、トライセプスプッシュダウン、ケーブル・プルオーバー)ができるようになります。

YouTubeで自作のケーブルトレーニングをする方法を紹介している動画があります。

クライミング用のプーリーとロープを使って家でケーブルトレーニングする方法

動画を見るとわかるんですが、必要な物は滑車とワイヤーとアタッチメントのみなので専用にマシンを購入するよりはかなり費用を抑えることができます。

こだわりがなければ1万円以下で揃えられます。

代わりになるトレーニング


 ゴムチューブが定番です

ケーブルはハードルが高いので代わりになるトレーニングを取り入れたほうがいいでしょう。

代用するならゴムチューブを1番におすすめします。

理由は、設置が場所が必要ない、値段が安く種類も豊富で全身を鍛えるいろいろなトレーニングにも使えるからです。

YouTubeでエクササイズ動画も数多く紹介されているので参考にすることもできます。

5分以内で終わる!ゴムバンドのみで追い込める肩トレ!

【思った以上に有能だった!】自宅で行う大胸筋チューブトレーニング前編

チューブで鍛える背中トレ‼️‼️【家トレ】

ケーブルマシンは面倒くさい


ケーブルトレーニングをする器具を紹介しましたが、フリーウエイトと比較するとハードルが高いです。

筋トレにも種類がありますが、揃えるとしたらウエイトトレーニングができる器具が揃って余裕があればケーブルを揃えたほうがいいでしょう。

個人的な考えですが、家でケーブルトレーニングをすることは、フリーウエイトと比較すると場所も取りますしメンテナンスも面倒くさいです。

あと、気をつけて欲しいことは業務用と家庭の器具は全然、作りが違うことです。

自分の経験したことを紹介すると、ラットプルダウンが好きな種目だったので家でやるためにアイロテックのマルチオプションベンチを購入しました。

ですが、ガタツキが酷くイメージしていたトレーニングには程遠い感じでした。
負荷の感じ方も業務用のラットマシンとは全く違います。

アイロテックのマルチオプションベンチは他にも脚のトレーニング(レッグカール、レッグエクステンション)もできるんですが、スポーツジムと同じような負荷は得られませんでした。

そもそも値段が業務用と家庭用は全然違うので同じクオリティーを求めていることがおかしいんですよね。

ただ、買うとしたら消耗品であるワイヤーと滑車が販売している会社から購入することをおすすめします。

なぜなら、「滑車とケーブルは消耗品だらからです。」使ってすぐに壊れることはありませんが、負荷が加わる部品なのでいずれかは壊れるからです。