▼▼注目のタイムセール商品▼▼

→セール会場を見る

通販で買えるダンベルミットの比較@FIELDOORとワイルドフィットとBULLを比べました


この記事では、ダンベルミットについて詳しくまとめています。

もし、あなたが、、、

  • ダンベルミットを探している
  • どんなダンベルミットがあるので知りたい
  • ホームジムを作りたい

って方の参考になれば幸いです。

先日なんですが、FIELDOORの可変式ダンベルを購入しました。
40キロ×2個で自分にとってはかなり重い重量です。

扱うダンベルがだんだん重くなってくると床に静かに置くのが難しくなってきます。

重いとコントロールするのが難しいので置くときに雑になりがちになるからです。

雑に置けば、音も出ますし床に強い衝撃が伝わります。

管理人・啓一
管理人・啓一
防音と衝撃を緩和するためにもそろそろダンベルミットがあったほうがいいんじゃないかと思い始めました。

※この記事はYouTubeで動画YouTubeで紹介しています↓↓↓

ニトリのクッションを使っている


現在は、家にたまたまあったニトリの低反発のクッションをダンベルミットの代用として使っています。

これはこれで、いいです!!

値段が1枚800円くらいでニトリで売っているので買いやすいです。

しかも、ダンベルで25キロぐらいなら普通にダンベルミットとして防音と衝撃緩和に役立っています。

ただし、30キロ以上になると頼りなくなってきます。
そもそも、クッションなんで当たり前なんですが。

バーベルトレーニングでもダンベルミットはあったほうが、安全にできると思ったので購入してもいいかなっと思い始めました。

通販で購入できるダンベルミットを探してみると、、、

  1. FIELDOOR
  2. ワイルドフィット
  3. BULL

この3つのメーカーで取り扱いしていることがわかりました。

管理人・啓一
管理人・啓一
購入する条件は、知っているメーカーである。公式サイトがある、使ったことがあるメーカーである、値段は安いほうがいい、在庫があり購入できるって感じです。

通販で購入できるダンベルミット(ダンベルクッション)を調べました

  • FIELDOOR
  • ワイルドフィット
  • BULL

このメーカーから販売しているダンベルミットの詳細をまとめると、、、

FIELDOOR


サイズは2種類
小:60センチ×40センチ×15センチ
大:80センチ×60センチ×15センチ

値段
小:1枚5610円 2枚10780円
大:1枚8470円 2枚16500円

特徴

  • 厚さが15センチ
  • 高密度のウレタンチップフォームを採用
  • カバーは取り外しが可能
  • 持ち手付き

管理人・啓一
管理人・啓一
FIELDOORはトレーニング用のジョイントマット、プレートラック、可変式ダンベルを使っています。FIELDOORだから買っているんじゃなくて他の商品と比較して最終的に選んだのがFIELDOORの商品になっただけです。コスパが良く使い勝手が良い印象があるメーカーです。

ワイルドフィット


サイズは1種類
サイズは65センチ×55センチ×16センチ
値段
値段が1個17500円で2個だと33000円

特徴

  • 厚さが15センチ
  • 3種類の素材のパッドを重ねている
  • 変えのカバーが別に売っている
  • 持ち手付き(茶色)

管理人・啓一
管理人・啓一
ワイルドフィットは公式サイトがあり家庭用のから業務用までのトレーニング器具を取り扱っているメーカーです。自分はオリンピックシャフトとプレートとはワイルドフィットを使っています。
FIELDOORより値段は高いですが、3層あるのが特徴です、下からEVA樹脂、真ん中が高密度ウレタンチップフォーム、上が柔らかいスポンジです。

BULL


サイズは1種類
サイズは70センチ×50センチ×15センチ
値段
値段が2個セットで66000円

特徴

  • 業務用
  • 受注生産品
  • 持ち手がある

管理人・啓一
管理人・啓一
業務用のダンベルミットで導入例を見ると有名なスポーツチーム団体が使用していました。スポーツジムで使うには良いと思いますが、自分みたいに趣味で筋トレをしている人間にはもったいない商品ですね。

ダンベルミットを比較


自分がダンベルミットを購入するときの基準が、、、

  • 公式サイトがある
  • 使ったことがあるメーカーである
  • 値段は安いほうがいい
  • 在庫があり購入できる

この4つです。

BULLは値段が66000円で受注生産なので外します。

残ったのが、、、

FIELDOORワイルドフィットです。

どちらの商品も購入し使っているので安心感があります。

特徴を比較すると、、、

FIELDOORは大小ありサイズを選べる

FIELDOOR
小:60センチ×40センチ×15センチ
大:80センチ×60センチ×15センチ

ワイルドフィット
65センチ×55センチ×16センチ

厚さは変わらないけど。縦横に違いがある

層の違い

ワイルドフィットは3層ある防音と衝撃緩和に優れていそう

・FIELDOORは1層で高密度のウレタンチップフォームを採用
・ワイルドフィットは3層(下からEVA樹脂、真ん中が高密度ウレタンチップフォーム、上が柔らかいスポンジ)

値段は、FIELDOORのほうが安い(2個買う予定)

FIELDOOR
小 2枚10780円
大 2枚16500円

ワイルドフィット
2枚33000円

サイズで考える

現在、ダンベルミットの代用として使っているのがニトリにクッションです。

ニトリのクッションのサイズが40センチ×40センチ×5センチです。

可変式ダンベルのサイズが全長が最大で37センチで幅が16センチなのでギリギリ乗っかります。

可変式ダンベルをメインに使うので、、、

FIELDOOR
小:60センチ×40センチ×15センチ
大:80センチ×60センチ×15センチ

ワイルドフィット
65センチ×55センチ×16センチ

どれも使用しているFIELDOORの可変式ダンベルが置けます。

ただし、自分のホームジムへの考え方として部屋を広く使うことを心がけています。

なので、大きすぎるのは「自分の中ではない」っと考えています。

残ったのが「FIELDOORの小:60センチ×40センチ×15センチ、2枚10780円になります。」

ニトリのクッションのサイズが40センチ×40センチ×5センチなので厚さが10センチ増えて1辺が20センチ長い60センチになります。

可変式ダンベルのサイズが全長が最大で37センチで幅が16センチなので十分に使えそうです。

ワイルドフィットのほうが3層で防音と衝撃緩和に優れていそうですが、ニトリの低反発クッションの厚さが5センチしかありませんでしたが25キロぐらいまでなら十分に使えていました。

FIELDOORは1層ですが厚さが15センチあるので、3層でなくても十分に使えると思います。

値段で比較するとFIELDOORの小が2枚10780円でワイルドフィット2枚33000円なので差額が22220円もあります。
差額分を他のことに使ったほうがよりホームジムが快適になるんじゃないかと思いました。

例えば、床を補強するためにコンパネを敷くとかですね。

今のところダンベルミットを購入は未定ですが、買うとしたらFIELDOORのダンベルミットの小を2枚が第一候補です。