総合格闘家:朝倉未来が完全プロデュースのサプリメント!!
  • 美味しいエナジードリンク味
  • 携帯に便利な分包スティック
  • 限定特典!!朝倉未来式トレーニングDVD 全6回

▼▼91%OFFの500円▼▼

FIELDOORの可変式クイックダンベルをレビュー|追加プレートがあって安く使いやすい


 FIELDOOR・可変式クイックダンベルの口コミを見る

今回、この記事ではFIELDOORの可変式クイックダンベルについてレビューします。

もし、あなたが、、、

  • 可変式ダンベルを探している
  • FIELDOORの可変式クイックダンベルを使った感想を知りたい
  • ホームジムデビューを考えている

って方の参考になれば幸いです。

先日なんですが、筋トレ部屋に使っていない器具がたくさんあったのですべて売りました。

部屋が広くなりまとまったお金ができたのでホームジムをアップデートすることにしました。

より快適にどうやって筋トレができるか考えるとダンベルトレーニングが満足できていませんでした。

ダンベルはワイルドフィットの50mmを使っているんですけど500mmあり長いので扱いづらい、オンザニーがやりづらい、重量設定をするときもプレートを脱着しないといけないのがめんどくさかったです。

そこで、50mmのダンベルより短く重量設定が簡単にできる方法を考えると「可変式ダンベル(アジャスタブルダンベル)」にたどり着きました。

「50mmのダンベル・シャフトを2ヶ月間使った感想~可変式ダンベルを買うことにしました」でも紹介しているんですが「ワイルドフィット、FLEXBELL、FIELDOOR」の中からFIELDOORの可変式クイックダンベルを購入しました。

管理人・啓一
管理人・啓一
40キロを2個注文しました。幅が370mmで他の可変式ダンベルより短く置き場所を取らない。値段が安く在庫があるのが決め手になりました。

この記事は動画でも紹介しています↓↓↓

FIELDOOR・可変式ダンベルの使い方&外観をレビュー@安いしおすすめです


FIELDOORの可変式クイックダンベルを使った感想!!

 感動します!!
今までダンベルで筋トレをするときは、シャフトにプレートを脱着する必要がありました。

これが「まぁー面倒くさい」

FIELDOORの可変式クイックダンベルは「5秒」くらいで重量設定ができます↓↓↓

しかも、プレートの場合はプレートラックを置かないと部屋にバラバラに置くことになりますがFIELDOORの可変式クイックダンベルは置くだけで整理整頓が終了です。

めんどくさがりやな自分にとってはピッタリです。

50mmのダンベルを使っていたときの悩みはすべて解消されています。

  • 重量設定が早くできる。5秒くらいで完了
  • 幅が短いので体に当たらない、ダンベル同士がぶつからない
  • 膝に乗っかりやすい形をしているのでオンザニーがやりやすい
管理人・啓一
管理人・啓一
もっと早く買えばよかった!!

気になるところ


デメリットまでとは思いませんが気になるところがありました。

握るところの幅が狭いです。

幅が狭いことで、、、

  • 手首がバーに当たる
  • リストストラップが巻きづらい

この2つが気になりました。

1つ目は「手首がバーに当たる」です。握る位置や手首を曲げて調整すれば問題はないんですが、幅が狭いので手首にバーが当たります。

2つ目は「リストストラップが巻きづらい」です。せっかちな人はイライラすると思います。自分は、リストストラップは使わないでパワーグリップかゴム手袋を使用しています。

あと、FIELDOORの可変式クイックダンベルは人気商品なので在庫が切れて入荷待ちになることが多いです。
興味がある方は、まずは在庫の有無を確認しましょう。


まとめ


どの可変式ダンベルを購入したらいいか迷いましたが、FIELDOORの可変式クイックダンベルを買ってよかったです。

これからホームジムを作る予定の方にはおすすめです。

理由は、重量を重くできるからです。

普通の、可変式ダンベルは重量を重くすることはできません。

20キロなら20キロのままです。32キロなら32キロのままです。

FIELDOORの可変式クイックダンベルは22キロと40キロの2種類あるんですが、22キロはあとから別売りの追加プレートを買うと22キロから40キロにすることができます。

「これから筋トレをする!!」って方は、はじめは22キロでスタートして筋肉がついてもっと重くしたいなら追加プレートを買えば重くできるんです。

管理人・啓一
管理人・啓一
インクラインベンチとFIELDOORの可変式クイックダンベルがあれば簡単にホームジムデビューができちゃいます。

FIELDOORの可変式クイックダンベルの使い方


ここからは写真を中心に紹介します。

説明書が付属しますが、使い方は簡単なので見なくても大丈夫です。

パーツは全部で、、、

  1. ハンドルコア
  2. ブロップレート
  3. ストッパー

3つあります。

重量設定は、設定したい重量のメモリのところにストッパーを差し込みます。そして、引き抜きます。動画でアップしています↓↓↓


これで終了です。5秒もあればできます。

ウエイトは微調整することできます。ハンドルコアにレバーがあるので真ん中にするとハンドルコアの中にある調整用のウエイトの取り外しができます。

調整用のウエイトは1個500gあります。

重量表は本体に書いてあるのでひと目でわかります。

梱包の画像

40キロ×2個を注文してダンボールで4個来ました。

ダンボールは大きいのが2個小さいのが2個です。

開封!!

説明書も付属しています

梱包はしっかりしています。上下に発泡スチロールでビニールに包まれています。

小さい箱には、ハンドルコア、ブロックプレート、ストッパー。

大きい箱にはブロックプレートのみです。

40キロ×2個!!全長が370mで思っていたより小さいです。部屋を広く使いたい自分にはぴったりです

梱包がしっかりしているのでゴミはたくさんでました。

安く売っているとこはどこ?


 楽天市場です!!

自分が購入したときは、「楽天市場が一番安かったので楽天市場で注文をしました。」

ちなみに、、、

楽天市場

  • 22キロ2個セット:25190円
  • 40キロ2個セット:38940円
  • 追加プレート:7700円

Amazon

  • 22キロ2個セット:27800円
  • 40キロ2個セット:40000円
  • 追加プレート:8060円
管理人・啓一
管理人・啓一
楽天市場はポイントが付きます。40キロ2個セットの38940円で778ポイントゲットできました。


FIELDOORの可変式クイックダンベルの口コミを調査


個人的な感想を紹介してきましたが、ここからは口コミを調べ「印象に残った書き込み」と「参考になった書き込み」をまとめ良い口コミと悪い口コミにわけて簡単に紹介します。

自分がFIELDOORの可変式クイックダンベルの口コミを調べたときは、、、

  • 楽天市場:レビュー数が58件で評価が4.52
  • Amazon:レビュー数が60件で評価が4.6

可変式ダンベル(アジャスタブルダンベル)の中でもレビュー数が多く高評価と言ってもいいでしょう。

良い口コミ

  • 全長が短くなり使いやすいです
  • レバーを差し替えるだけで即座に重量が変えられる
  • オンザニーがまったく痛くない
  • 表示もキログラム単位で分かりやすいし、重量変更も1秒で出来ます

悪い口コミ

  • 塗装がめくれていたり傷が多かった
  • 気をつけないと半分ピンが抜けたりします

評価が4.52と4.6なので良い書き込みしかありませんでした。

可変式ダンベルのはダイヤル式もありレビューを見ているとFIELDOORの可変式クイックダンベルと比較した書き込みがありましたが、ほとんどの方がダイヤル式よりFIELDOORの可変式クイックダンベルをおすすめしていました。

ダンベルを使うときは、全長の長さとオンザニーができるか?できないか?が大きいです。

FIELDOORの可変式クイックダンベルは四角くオンザニーがやりやすく重量設定も素早くできます。

全長も重量によって変わり最大で370mmなので体にも触れないしダンベル同士もぶつかりません。

この他にも「他の可変式ダンベルと比較するとコスパが良い」「22キロから追加プレートで40キロまでに重くできる」っと口コミで好評なのもよくなわります。

管理人・啓一
管理人・啓一
残念なところといえば、塗装はがれがあったくらいですかね。

ダンベルは可変式とプレート式で迷ったらどっち?


可変式ダンベルとプレート式のダンベルの値段を比較するとプレート式のダンベルのほうが値段が安いです。
安いほうが値段的には魅力的ですが、整理整頓をするとなるとプレートラックが必要になります。

プレート式でプレートラックも購入した場合の値段は、、、

  • FIELDOORのダンベルが20キロ2個セット9000円
  • FIELDOORのプレートラックが7590円

合計 16950円

FIELDOORの可変式ダンベルの値段が22キロ2個セット25190円なので差額が8600円です。

プレート式のダンベルのほうが8600円安いです。

ですが、重さ調整が可変式ダンベルのほうが圧倒的に早くできますし、場所も取りません。

プレートラックを使っていたのでわかるんですが以外に大きいです。
ちなみに、自分は部屋を広く使いたいのでプレートラックは売却しました。

40キロ以上のダンベルを探すとリーディングエッジのダンベルが22980円で販売していました。

これも値段を比較するとプレート式のほうが安いです。

FIELDOORの可変式ダンベル40キロ2個セット38940円なので差額が15960円です。
プレートラックはFIELDOORのプレートラックを買えば(7590円)差額が8370円です。

40キロ2個セットで買ったとしてもプレート式のほうが安いです。

ですが、40キロもあるとプレートの枚数が増えるので重量設定がものすごくめんどくさくなります。

しかも、シャフトの径が小さいのでオンザニーがやりずらいです。

そもそも、自分は重量設定がめんどくさい、オンザニーがやりづらいから可変式ダンベルを購入しました。

差額と言っても1万円ないんで、可変式かプレート式で迷ったらFIELDOORの可変式ダンベルを選ぶことをおすすめします。

Q&A

ここからはコメント欄(You TubeやSNS)にきた質問に答えています。

これで片手のフレンチプレスって出来ますか?
普通にできます。

ただし、8.5キロの場合です。この重量な自分が扱える重さなんですけど、FIELDOORの可変式ダンベルは重量が重くなると「全長、幅、奥行きが大きくなります。」

もしかしたら、重い重量の場合はサイズが大きくなってできなくなるかもしれません。

自分も買おうか迷ってます、使い勝手はどうですか?
今まで持っていたダンベルは28mmシャフトと50mmシャフト(両方ともプレート式)があるんですけど、これと比較すると物凄く使い勝手がいいです。

特に良いと思ったのは、、、

・重量設定が数秒で終わる
・オンザニーがやりやすい
・置くだけで片付けが終わる

この3つです。

ダンベル・シャフトはプレートの脱着がめんどくさいしオンザニーもやりづらいです。
あと、整理整頓もめんどくさいです。

一時期、プレートラックを持っていたんですけど、に大きくて邪魔でした。

ダンベル・シャフトの使い勝手が悪いところは他にあって28mmシャフトの場合は長さの関係で重量を重くできません。

重くても25kgぐらいだったと思います。5キロプレートをたくさん買えばもっと重くできると思うんですけど、重量設定がめんどくさいし置き場所も費用も必要になります。

それだったら可変式ダンベルを買ったほうがいいのかと思います。

50mmシャフトの場合は、28mmより全長が長いんで重量を重くすることができます。

ただ、全長が長いとワンハンドローイングをするときに体にぶつかったり、ダンベル同士が近づくトレーニング。

例えば、アーノルト・ショルダー・プレスとかダンベル・デッドリフトとかをするとダンベルがぶつかります。

FIELDOORの可変式ダンベルは、最大の40kgで全長が37センチなんでダンベル同士が近づくトレーニングも問題ないです。

他のトレーニングでもやりづらは感じません。

ただし、幅が狭いんでリストストラップは巻きづらいです。
対処方法は、パワーグリップを使うかゴム手を使うかがいいと思います。

フィールドアの可変式ダンベルは、表記と実際の重量誤差ってありますか?結構、この手の可変式ダンベルは表記重量よりも少ない場合などもありそうですが、フィールドアについてはどうでしょうか?

重さを量るのに体重計を使います。

自分がメインで使っているのがタニタの体重計なんですけど、これだと量れなかったのでアナログの体重計を使います。

で、この体重計はかなり古いんで正確な数値が出るのかわかりません。

なので、参考程度っと思ってもらえればと思います。

あと、販売ページには、、、

「重量表記は目安になります」っと記載しています。

で、量る重量のパターンは、、、

・本体(一番小さい状態)

・内蔵ウエイト 2個あります。

・本体+内蔵ウエイト

あとは、設定できる重量の8.5kgから40.5kgまでを量っていきます。

結果は、、、

・本体のみ3kg

・内蔵プレート
2個 1kg
1個 0.5kg

・本体+内蔵プレート4kg

・本体のみ 3kg
・内蔵プレート
2個 1kg
1個 0.5kg

・本体+内蔵プレート 4kg

8.5kg ⇒ 8.5kg

13kg ⇒ 13kg

17.5kg ⇒ 18kg

22kg ⇒ 22.5kg

27kg ⇒ 27.5kg

31kg ⇒ 32kg

36kg ⇒ 36.5kg

40.5kg ⇒ 41.5kg

っと結果になりました。

重さを計ったら17.5kgから誤差が出た結果になったんですけど、0.5kgから1kgまでの間なんで、許容範囲っと言ってもいいんじゃないでしょうか?

販売ページには、、、「重量表記は目安になります」っと記載していますし、個人的には全然いいと思います。