▼▼注目のタイムセール商品▼▼

→セール会場を見る

リーディングエッジのインクラインベンチLE-B80を3ヶ月使った感想と改善ポイント。LE-B90は口コミを見たら微妙だった


今回、この記事では「リーディングエッジのインクラインベンチLE-B80を3ヶ月使った感想と改善ポイント。LE-B90は口コミを見たら微妙だった」について紹介をします。

LE-B80を使ってると値段が高いLE-B90のほうが良さそうだと思っていたんですけど、調べるとだんだんLE-B90って微妙な感じがしてきました。

その理由もちゃんと解説しています。

LE-B80かLE-B90のどっちを購入したら良いか迷っている方の参考になれば幸いです。

管理人・啓一
管理人・啓一
では、本題を進めていきます。

動画でも紹介しています↓↓↓

リーディングエッジのインクラインベンチLE-B80からLE-B90に買い替えたい理由


LE-B80を3ヶ月使った感想


 販売価格12200円っと考えれば十分満足できる商品!!

  • シンプルなデザイン
  • 角度調整が簡単
  • 安定感がある
  • 高級感がある
  • コンパクトに収納できる

今まで3台の家庭用のトレーニングベンチを使ってきたんですけど、間違いがないです。

ただ、気になるところがあります。

  • 背面がフリーなので持つときに腰が丸くなる
  • フラットで使うときにガタつくときがある

この2つあります。

1つ目は、「背面がフリーなので持つときに腰が丸くなる」についてですが、これはレビュー動画でも紹介しました。

使って3ヶ月経つんですけど、持って動かすときの良いアイディアが思い浮かばなかったです。

筋トレ初心者あるあるだと思うんですけど、腰を丸めたままデッドリフトをして腰を痛めたことがあります。

30~40キロぐらいの軽い重量でも腰を丸めたまま負荷を与えると、簡単に腰痛になります。

それいらい、腰を丸めたまま、物を持つのは避けているんですけど、「LE-B80はほとんど、持って動かすことはありません。」

足で蹴って動かすか、引きずるかのどっちかです。

本当は、持って動かしたいんですよね。

【クリックで拡大】この姿勢じゃないと持ち上げることができない↓↓↓

2つ目は、「フラットで使うときにガタつくときがある」なんですが、家庭用のトレーニング器具の妥協しないといけないところっと言うか自分の扱いが悪いっと言うか。

微妙なところなんですけど、、、

背面がフリーで簡単に角度調整ができるのは便利なんですけど、フラットで使うときに、サポートフレームが固定される位置になっていないことがあります。

【クリックで拡大】サポートフレーム↓↓↓

固定されていない位置だと隙間がある状態なので、これでベンチプレスをすると「ガタン!!」ってなります。

隙間は、数センチ?数ミリ?だと思うんですけど、けっこう衝撃があります。

使う前に、固定されているかを確認すれば問題はないんですけど、面倒くさいです。

3ヶ月使った感想をまとめると、、、

総合的には満足しているんですけど、改善したいところは、、、

  • 持って動かしたい
  • 背面が固定されているか確認しなくても良い

この2つです。


LE-B90に買い替えたい理由


LE-B80の改善したいポイントは、、、

  • 持って動かしたい
  • 背面が固定されているか確認しなくても良い

この2つなんですけど、LE-B90にすれば改善されると思ったからです。

LE-B80は背面が固定されていないのでフリーなんですけど、LE-B90はサポートフレームで背面が固定されています。

なので、背面を持って動かすことができます。

あと、販売ページによると、、、

サポートフレームの接地面にラバークッションが付いていて、フラット時のしなりをカバーする使用になっています。

っと記載しています。

LE-B80の改善ポイント「背面が固定されているか確認しなくても良い」これもLE-B90にすれば解消されます。

管理人・啓一
管理人・啓一
LE-B80は、他のトレーニングベンチと比べたら物凄く良い商品なんですけど、もっといい商品を使うなら90のほうが良いのかと悩んでいます。

LE-B90の詳細と気になるポイント

  • 耐荷重:300kg
  • 角度調整:8段階(0 10°20°30°38°45°60°70°)
  • サイズ:シート幅 27cm、背面の幅 93cm、座面の幅 29cm、高さ 42cm
  • 本体重量:約27kg
  • その他:移動に便利なキャスターとハンドル付き

LE-B80との違いを簡単にまとめると、、、

LE-B80 マイナス角度 ○
LE-B90 マイナス角度 ☓LE-B80 折りたたみ ○
LE-B90 折りたたみ ☓
LE-B80 座面が単体で角度調整ができる
LE-B90 背面と座面が連動している

LE-B80は座面を単体で角度調整ができるんですけど、LE-B90は座面と背面と連動しているので座面を単体で動かすことができません。

人によって、良いか悪いかわかれると思うんですけど、自分の場合は、デクラインはやらないのでマイナスの角度はなくても問題ありません。

基本的に置きっぱなしなので、足は折り畳めなくても、これも問題ありません。

ただ、座面と背面と連動しているので座面を単体で動かすことができない

これは、かなり気になります。

以前、アイロテックのマルチオプションベンチを持っていたんですけど、これも背面と座面が連動して動くタイプだったんですよ。

「連動で動いた方が手間が省けて便利そう」って思う方もいると思うんですが、正直、微妙です。

インクラインベンチプレスをするときは、座面の角度が緩いとお尻が下がっちゃうんでやりにくくなるんですけど、アイロテックのマルチオプションベンチを使っていたときは、しっくり来る座面の角度に調整ができませんでした。

お尻が下がって使いづらかったです。

今は「座面、単体で動かせたほうがいい」っと考えています。

なので、LE-B90は「背面と座面が連動して動くタイプ」なので、しっくり来る座面の角度になるか心配です。

Amazonのレビューを調べると、、、

座面の角度が自動でほとんど動かない

座面の角度が自動調整なのですが、ほとんど角度が変わらないので、30度や45度ではほぼ平らで、
重いダンベルなどでプレスをやろうとすると、お尻がずり下がっていきます。

自動じゃなく手動で角度調節できれば星5なんですが。惜しいです。

引用 Amazon

これはかなりひっかかります。

管理人・啓一
管理人・啓一
LE-B80を改善したいのにLE-B90を買って、他のところに問題がでたら・・・っと考えると微妙ですよね

まとめ

今回は、リーディングエッジのインクラインベンチLE-B80からLE-B90に買い替えたい理由について紹介しました。

LE-B90を購入するかは、まだ決めていません。Amazonのレビューがかなり気になるんですよね。

お尻が下がると、やりづらいんですよねー

あと、ホームジム関係のことでやりたいのが、、、

  • 不要になった器具(50mm)の売却
  • プレートラックを作る
  • 床の補強(コンパネを敷く)

なども考え中です。