マイプロテイン:クリアランスセール実施中!!
  • ・ホエイプロテイン、クレアチン、グルタミン
  • ・マルチビタミン、フィッシュオイル(オメガ6)
  • ・EAA、HMB、BCAA
  • ・プロテインバー、グラノーラ
など100種類以上の商品が割引価格で販売中!!

▼▼最大30%OFF▼▼

→30%OFFの商品はこちら

自宅で筋トレ|家庭用のバーベルのおすすめはコレ【長さとメーカー別に紹介】

家 バーベル おすすめ
 ホームジム:記事の一覧を見る

 筋トレ器具:記事の一覧を見る

今回は家庭用のバーベルシャフトについて詳しくまとめています。
もし、あなたが、、、

  • ホームジムデビューを考えている
  • 家でバーベルを使ったトレーニングをしたい
  • バーベルの種類や特徴を知りたい

って方の参考になれば幸いです。

通販で手軽にバーベルを購入することができますが種類が多く取り扱いをしているメーカーも結構あります。

管理人・啓一
管理人・啓一
自分自身、ホームジムを作るときにかなり迷いました。

バーベルシャフトの種類

筋トレ 家 バーベル

 大きくわけて2種類あります
バーベルシャフトは大きくわけると、プレートの穴(径)が、、、

50mmと28mmの2種類があります

それぞれ違いあるので特徴を簡単にまとめます。

50mmの特徴

穴の径が50mmのタイプはオリンピックシャフトと言いスポーツジムや競技用で使われます。
値段が高いですが、スリープが回転するのでプレートの重さにばらつきがあってもバランスが取りやすいです。

スポーツジムと同じ感覚で筋トレしたい本格の方にピッタリです。

28mmの特徴

値段が50mmのタイプのバーベルより安く取り扱いをしているメーカーも多いです。
バーベルの長さバリエーションも多いので部屋の広さに適した長さを選択できます。

低予算でホームジムを始めたい方におすすめです。

予算や環境や筋トレをする目的に合わせて50mmと28mmを選んだらいいと思います。

ただ、50mmと28mmの両方を買うことはおすすめしません。
自分の失敗談なんですが、はじめに28mmにダンベルセットを購入してから50mmのバーベルセットを買いました。

28mmと50mmの2種類のプレートがあると部屋が狭くなりごちゃごちゃしています。。。

ホームジムに必要な器具もいろいろ置いてあるので無駄に狭くなっています。

管理人・啓一
管理人・啓一
購入する場合は、50mmか28mmのどちらかに統一をしたほうがいいです。

各メーカーのバーベル

自宅 バーベル おすすめ
ここからは各メーカーのバーベルを50mmと28mmをわけて「長さと重さ」について紹介します。

50mm(オリンピックシャフト)はパワーリフティング用シャフト、ウェイトリフティング用シャフト、デッドリフト用シャフトなど種類がありますが、これらは高額なのでお小遣いをためて買える価格のものに絞ってまとめています。

家庭用の筋トレグッズを取り扱っている会社はたくさんあるんですが、その中でも評判が良く信頼があるメーカーに絞って説明します。

50mm バーベル

アイロテック

2200mm×20kg
1500mm×13kg

ワイルドフィット

2200mm×18kg
2200mm×20kg(600kg対応)
2200mm×20kg(350kg対応)
1830mm×15kg
1420mm×13kg

ボディメーカー

2200mm×20kg
2184mm×20kg(350kg対応)
1500mm×15kg
2200mm×20kg(カモフラージュ)

28mm バーベル

アイロテック

2000mm×10kg
1800mm×9kg
1600mm×8kg

ワイルドフィット

2130×11.2kg
2000×10kg
1840×9.5kg
1600×8kg
1190×7kg

ボディメーカー

2000mm×10kg
1800mm×9kg
1600mm×8kg
1800mm×9kg(ジョイント式バーベルシャフト)

ファイティングロード

1800mm×10kg
1600mm×9kg

各メーカーによっても取り扱っている長さや重量が違います。予算と環境と目的(扱い重量)を基準に選びましょう。

ストレートのシャフト以外にも種類があります。

自宅 バーベル トレーニング
バーベルは真っすぐのシャフトの他にも「W」の形に曲がっているEZバーや四角い形をしたトライセップバーなどがあります。

形が違うと筋肉への刺激が変わるので用途ごとに変えるトレーニーも多いです。
これらも50mmと28mmにわけてまとめます。

50mm

アイロテック

スーパーカールバー(EZバー) 1200mm×9.5kg
Wバー 1200mm×9.7kg
トライセプスバー 860mm×12.3kg
セーフティスクワットバー 2180mm×21.5kg
EYEバーマルチハンドル 1200mm×14kg
HEXバー 14200mm×20kg

ワイルドフィット

スーパーカールバー×10kg
Wバー 1200mm×9kg
トライセプスバー 870mm×12kg
アイバー 1200mm×17kg
マルチバー 922mm×11kg
ヘキスバー 1420mm×20kg
セーフティスクワット 2300mm×23kg

ボディメーカー

Wシャフト 1200mm×10kg

28mm

アイロテック

スーパーカールバー 1200mm×6.5kg
Wバー 1200mm×6.5kg×6kg
トライセプスバー 860mm×9kg

ワイルドフィット

スーパーカールバー 1220mm×6.5kg
Wバー スクリュー  1200mm×6kg
トライセプスバー 870mm×9kg

ボディメーカー

Wシャフト 1200mm×6kg
EZバー 1200mm×7kg
トライセプスシャフト 864mm×8.7kg

ファイティングロード

Wシャフト 1200mm×6kg

管理人・啓一
管理人・啓一
まずは、ストレートのバーベルを購入してから物足りなかったら他のバーベルを買ったほうがいいですよ。

迷っている方へ!!

自宅 バーベル 筋トレ
50mmか28mmで迷っている方に選び方の基準を紹介します。

ジムに近い環境でトレーニングをしたいなら50mmのオリンピックバーベルをおすすめします。
50mmのオリンピックバーベルは28mmのバーベルと比較すると値段が高いですが、スリーブがありバーの長さも重量も同じです。

※重量に誤差はあるので厳密には重量にはばらつきがあります。

個人的には、モチベーションが上がるので迷ったら50mmのオリンピックバーベルをおすすめします。

もし、予算や部屋が狭く環境が限られている方は28mmがおすすめです。
長さが短いタイプが多く50mmよりも価格が安いので低予算でホームジムの器具を揃えることができます。

ただし、スクリュー式もあるのでプレートの脱着は面倒くさいので覚悟したほうがいいです。

自宅でバーベルを使った筋トレは危険?

バーベル 長さ 家

 危ない!!

バーベルを使ったトレーングは間違った使い方や扱えない重量やフォームが乱れたりバーベル受けがないと怪我をする可能性があります。

とくにバーベルを使ったトレーニングの基本であるBIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)は注意しましょう。

ベンチプレスは、セーフティスタンドがないと潰れてバーベル下敷き(ギロチン)になり怪我をします。
スクワットも扱えない重量で潰れて腰や肩を怪我する可能性もあります。

デッドリフトも腰を痛めやすい種目です。

ホームジムの場合は、スポーツジムとは違い周りにスタッフ(助けてくれる人)がいないので「安全第一、無理はしない」ことを心がける必要があります。

管理人・啓一
管理人・啓一
「セーフティスタンドは必ず使う。扱えない重量でトレーングをしない」ようにしましょう。

重さで床は大丈夫?


 パワーリフターのように高重量ではなければ問題ない
建築法で床の耐久性は180Kg/㎡っと定められています。

パワーリフターのように高重量でない限りは床が抜けたり破損する心配はないです。

とはいえ、築年数やマンションやアパートなどで状況が変わるので、、、

  • 高重量を扱うなら「専門家(建築士や大家)に相談する」
  • 高重量ではないけどホームジムをするなら床の傷防止と防音をするためにジョイントマットは敷いたほうがいい

っと思います。

ネットでコンパネを使った床の保護について紹介しているサイトやYouTuberがいますが、最終的には自己責任なので心配なら専門家(建築士や大家)に相談しましょう。

バーベルを代用する方法はあるの?


 パイプはあるけどおすすめはしない
自分がホームジムを始めたときはダンベルセットを揃えることからはじめました。

プレートはあってもシャフトがないのでホームセンターのパイプで代用していた時期があります。

パイプを加工して使っていましたが、使いづらいし「しなりが半端なったので折れる心配がありました。」

結論を言うと28mmのプレートで重量が20~30キロぐらいならできなくもないです。
ただ、プレートは不安定だしプレートが外れそうなのでおすすめはしません。

管理人・啓一
管理人・啓一
50mmようの太いパイプはまずないと思いますし、合ったとしても太すぎて扱いづらいでしょう。