総合格闘家:朝倉未来が完全プロデュースのサプリメント!!
  • 美味しいエナジードリンク味
  • 携帯に便利な分包スティック
  • 限定特典!!朝倉未来式トレーニングDVD 全6回

▼▼91%OFFの500円▼▼

ホームジム|グロングのバーベルスタンドVSワサイのハーフワックMK780@懸垂+ウエイトトレーニングをしたいならコレ!!


この記事では、「グロングのバーベルスタンドよりワサイのハーフワックMK780をおすすめの理由」について説明をします。

もし、あなたが、、

  • グロングのバーベルスタンドを買おうと思っている
  • ウエイトトレーニング+懸垂をしたい
  • ホームジムデビューをしたい

って方の参考になれば幸いです。

ホームジムデビューをするときに1番悩んだのがバーベルを受ける器具です。

バーベルを受ける器具は種類がたくさんあるので、値段とかサイズとか特徴とか比較して最終的に選んだのがグロングのバーベルスタンドです。

グロングのバーベルスタンドは幅調整ができて、セーフティバーが長いしプレートを収納ができるバーもあって値段が15000円ぐらいで販売しています。

管理人・啓一
管理人・啓一
ただし、1番いいと思って購入したんですけど、使ってみるとデメリットがあることがわかりました。

グロングのバーベルスタンドよりワサイのハーフワックMK780をおすすめの理由

グロングのバーベルスタンドのココがダメ!!


自分は、グロングのバーベルスタンドを1年半ぐらい使いました。

感想は、家庭用のトレーニング器具と考えれば十分に満足できる商品でした。

でも、「ココがダメ!!」って思うところがいくつかあります。

  • 高さ調整が面倒くさい
  • メインスタンドを高くすると横揺れがある(スクワットの高さ)
  • 懸垂ができない

この3つが自分の中では我慢できませんでした。

1つ目は「高さ調整が面倒くさい」ことです。

グロングのバーベルスタンドはノズル式で業務用のラックようにワンタッチで高さ調整することができません。

手順としては「ノズルを緩める⇒穴の位置を変える⇒ノズルを固定する」って感じです。

ベンチプレスからスクワットに変えるときが1番面倒くさくてメインスタンド2本とセーフティーバー2本、計4本変えないといけません。

めんどくさがり屋の自分からすると、高さ調整は苦痛でした。

2つ目は「メインスタンドを高くすると横揺れがある」ことです。

構造上、しょうがないと思うんですけど、スクワットをするときにメインスタンドを高くするとかなり横揺れがあります。

60kgの重量(20kgのシャフトと20kgプレート2個)だけでも、かなり揺れます。

とくに、置くときはスタンドが揺れてズレるので神経を使います。

対策としては、「自分が余裕で扱える重量を使う」とか「限界に挑戦するトレーニングはしない」とか工夫すれば、問題ないです。

ただ、家で筋トレをするときは「安全第一で考えています。なので、この横揺れはないかなー」っと思っています。

3つ目は、「懸垂ができない」ことです。購入前からわかってたんですけど、グロングのバーベルスタンドでは懸垂ができません。

自分はウエイトトレーニング+懸垂をやりたかったので、チンニングスタンドを別に購入しました。

チンニングスタンドは半畳くらい場所が必要なんので部屋が狭くなります。

他にもトレーニング器具があるので部屋が狭くなります。

管理人・啓一
管理人・啓一
部屋を広く使いたい自分からすると抵抗がありました。

ワサイのハーフワックMK780の詳細~我慢ポイント


十分、グロングのバーベルスタンドも使い込んだし買い替えることにしました。

グロングのバーベルスタンドを使った経験をもとに条件を決めると、、、

  • 高さ調整が簡単にできる
  • スクワットの高さにしても横揺れしない
  • ウエイトトレーニング+懸垂もできる

この3つが最低条件です。

自分が求めている条件だとラックだとたくさんあるんですよ。

ただ、ラックって圧迫があるんで好きじゃないんですよね。

ハーフワックに絞って調べたらワサイのハーフワックMK780がぴったりでした!!

  • サイズ:高さが2m20cm×横幅が1m24cm×奥行き1m
  • 重量:35kg
  • 耐荷重:150kg
  • 特徴:バーベル掛けフレーム、懸垂バー、バーベルフック、セーフティーバー、ディップスバー
  • 価格:26980円

懸垂もできて高さ調整が簡単で画像を見る限りではグロングよりしっかりしています。

色が黒でセーフティーバーの長さが33センチと長いです。

安全面は、2点で固定する設計とバーベルフックがはずれないように安全ロックピンで止めることもできます。

これで値段が「26980円」はかなり良いなと思います。

ただ、気になるのが「うち幅が98cmしかないことです。」

自分がベンチプレスをするときの手幅は、81センチラインに人差し指か中指が乗る位置なんですけど、うち幅98cmはかなり狭いです。

1m10cmぐらいあれば、よかったんですけどね。。。

管理人・啓一
管理人・啓一
うち幅が狭いところが我慢ポイントです。

グロングのバーベルスタンドよりワサイのハーフワックMK780がおすすめの理由


自分がグロングのバーベルスタンドを買ったときは、ワサイのハーフワックMK780は販売していませんでした。
もし、MK780が販売していたらグロングではなくMK780を買っていました。

理由は、、、

  • 部屋を広く使える
  • 総額を比較するとそんなに変わらない

この2つあるからです。

では、それぞれを解説します。

家でウエイトトレーニング+懸垂をすることを前提に比較するとグロングは懸垂はできないので、別にチンニングスタンドを用意しないといけません。

これだと、設置場所が2箇所必要になります。

でも、MK780は1台でウエイトトレーニングも懸垂もできるので、設置場所が1箇所で済みます。

ホームジムを作るとわかるんですけど、部屋は広く使えたほうが良いですからね。

掃除がしやすくなるし開放感がでるからです。

あと、総額を計算するとそんなに変わりません。

グロングのバーベルスタンドの値段は「15480円」です。
チンニングスタンドの値段が、だいたい1万円ぐらいなので総額が2万5480円です。

  • グロングのバーベルスタンド 15480円
  • チンニングスタンド 約10000円
  • 総額 2万5480円

ワサイのハーフワックMK780 26980円です。

差額が1500円しか変わりません。

グロングのバーベルスタンドは高さ調整がノズル式で面倒くさいし横揺れもあります。懸垂をするためには別にチンニングスタンドを用意しないといけません。

ワサイのハーフワックMK780は業務用のラックのようにワンタッチで高さ調整ができますし、懸垂もディップスもできます。フレームがしっかりしているので横揺れも気になりません。

あと、設置場所が1箇所で済みます。

総合的に考えるとワサイのハーフワックMK780の方が魅力的なのかと思います。

管理人・啓一
管理人・啓一
ただ、注意点としては、うち幅が98cmと狭いのでベンチプレスにこだわりがある、グリップじゃないと無理って方には向いていないのかなっと思います。

まとめ

今回は、グロングのバーベルスタンドよりワサイのハーフワックMK780をおすすめの理由について解説をしました。

3ヶ月ぐらい経つかな?今はワサイのハーフワックMK780をメインで使っています。

ブログではレビュー記事を公開しているんですけど、レビュー動画もそのうち作りたいと思っています。

うち幅は狭くて気になっていたんですけど、慣れれば問題ないです。