おすすめの通販サイト

  • ・プロテイン、サプリメントなどが定番の通販サイトより安い
  • ・試用価格で人気商品が割引価格で買える
  • ・日本で取り扱っていないサプリ、化粧品がたくさんある
  • ・健康に気を使った商品を沢山取り揃えている

紹介コード → LVX9998

紹介コードを使うと注文した金額が5~10%OFFになります

▼最大20%OFFセール開催中!?▼

→人気商品ランキングを見る

→使用価格の商品がたくさんあります



>>マイプロテイン セール開催中!!<<
↑↑↑追加割引でもっとお得!?

可変式ダンベルは3種類ある@メリットとデメリットの違いを徹底比較!!


この記事では、可変式ダンベルの種類について解説をしています。

もし、あなたが、、、

  • 可変式ダンベルって何種類あるの?
  • 可変式ダンベルの違いを知りたい
  • 可変式ダンベルのメリットとデメリットを比較したい

って方の参考になれば幸いです。

自分は、この記事を書いているときはFIELDOORの可変クイックダンベルを使っています。

まえは、プレート式(スクリュー式)を使っていました。

ちなみに、いろいろ買い漁っていたので28mmのプレート式のダンベルと50mmのシャフトとプレートラックも持っていました笑

プレート式だと重量設定がめんどくさいし置き場所も結構使います。

めんどくさがりやな自分からすると、素早く重量変更ができて置くだけで整理整頓ができる可変式ダンベルが魅力的だったので買い替えました。

動画でも紹介しているんですけど、WILD FITとFIELDOORとFLEXBELLの可変式ダンベルをどれを買ったらいいか迷いました。↓↓↓

可変式ダンベルには種類があって動画紹介している可変式ダンベルをタイプ別にわけると、、、

  • FIELDOOR=パワーブロック式
  • WILD FITFIELDOOR=ダイヤル式
  • FLEXBELL=フレックスベル式

って感じです。

購入前に細かく調べんたんですけど、重量設定とか使いやすさなどが全然違います。

おすすめです↓↓↓

人気の可変式ダンベルはコレ

使い勝手が良い可変式ダンベルを探しているならコレ

素早く重量設定できるならコレ

管理人・啓一
管理人・啓一
それぞれのメリットとデメリットやおすすめの商品を紹介します

動画でも紹介しています↓↓↓

【可変式ダンベル】パワーブロック、ダイヤル式、フレックベルの特徴(メリットとデメリット)を徹底解説!!

パワーブロック式の特徴


重量設定

  • ストッパーを指してハンドルを握り持ち上げる

メリット

  • 側面が広いのでオンザニーがやりやすい
  • 重量を変えると幅が変わる(軽いと幅が短くなって重くすると幅が広くなる)
  • 他の可変式ダンベルを比べると値段が安い
  • 追加ブロックプレートで重量を重くすることができる
  • 内蔵ブロックで重量を微調整できる

デメリット

  • 幅が狭いから掴みづらい
  • 箱型なのでダンベルに慣れてると扱いづらい

パワーブロック式の特にここが「良い」ってところは、、、

  • オンザニーがやりやすい
  • 重量を重くできる
  • 重量を微調整できる

この3つです。

では、それぞれについて解説をしています。

1つ目は「オンザニーがやりやすい」です。

箱型なので他の可変式ダンベルと比べると側面が広いので膝に乗せても痛くないしバランスがかなり取りやすいです。

ダイヤル式の可変式は重量を変えても長さが変わらないし、膝に乗っかるところが狭いんで食い込んで痛いしバランスが取りづらいです。

オンザニーをやる種目(インクラインやショルダープレス)を好んでやるならパワーブロック式がおすすめです。

2つ目は「重量を重くできる」です。

他の可変式ダンベルの場合は一番重い重量が22㎏だったら22㎏以上に重くできません。

でも、パワーブロック式(FIELDOORとMOJEER)は追加ブロックプレートが別売りしているので後から重量を重くすることができます。

ちなみにFIELDOORの可変式クイックダンベルの場合は、、、

22㎏に追加ブロックプレートを装着すると40.5㎏まで重くすることができます。

なので、はじめは22㎏で筋トレをはじめて強くなったら40.5㎏にしたり「予算が確保できない」ってときでも値段が安い22㎏を買ってお金が溜まったら追加ブロックプレートを買って重量を重くすることができます。

3つ目は「重量を微調整できる」です。

FIELDOORとMOJEERには内蔵ウエイトがあって重量を変えることができます。

・FIELDOOR 1台に500gが2本(0.5㎏から1㎏)
・MOJEER 1台に1㎏が2本(1㎏から2㎏)

デメリットは幅が狭くてリストラップとパワーグリップが使いづらいんですが、握力補助にはゴム手を使えば問題ないです。

あと、はじめはダンベルに慣れてると箱型に抵抗はあるんですが、慣れれば問題ないです。

むしろ、FIELDOORの可変式クイックダンベルはハンドルが全部で5本あるんで使い勝手がいいと思います。

管理人・啓一
管理人・啓一
フレンチプレスも普通にできます!!

定番のパワーブロック式はコレ↓↓↓

【可変式ダンベルを徹底比較】パワーブロック5選をレビュー@正規品と類似品を比べました
この記事では、通販で購入できる可変式ダンベル(パワーブロック)について紹介しています。 もし、あなたが、、、 可変式ダンベルが欲しい パワーブロックでおす
2020-12-20 18:35

ダイヤル式の特徴


重量設定

  • ダイヤルを合わせて持ち上げる

メリット

  • 値段が安い
  • 取り扱っているメーカーが多い

デメリット

  • 重量を変えても長さが変わらない
  • ダイヤルが壊れやすい


ダイヤル式の一番良いところは「取り扱っているメーカーがー多い」ってことです。

あと、可変式ダンベルの欠点だと思うんですけど、ちゃんとしたメーカーからあまり販売していません。

ちゃんとしたメーカーとはトレーニング器具をメインに取り扱っているメーカーのことです。

自分が使っているFIELDOORの可変式ダンベルは、キャンプ用品に力を入れている会社です。

自分が知っているトレーニング器具を専門に販売しているメーカーは、、、

  • アイロテック
  • ワイルドフィット
  • ボディメーカー

まだまだあるんですけど、定番の会社はこの3つです。

アイロテックとボディメーカーでは可変式ダンベルは取り扱いをしていないんですけど、ワイルドフィットでは可変式ダンベルを販売しています。

「トレーニング器具を販売している会社から購入したい」って方からするとワイルドフィットのダイヤル式可変式ダンベルがいいのかもしれません。

ただ、デメリットは「重量を変えても長さが変わらない」ことです。

ワイルドフィットのダイヤル式可変式ダンベルの長さは、、、

  • 24㎏ 43cm
  • 40kg 45cm

かなり長いです。

長いと、ワンハンドローイングをすると体にぶつかったり、ダンベル通しが近づく種目(ダンベルデッドリフト、アーノルドショルダー・プレス、ダンベル・プレスなど)がかなりやりづらいです。

あと、長いとバランスが取りづらいのでオンザニーもやりづらいです。

しかも、膝に乗っかる部分がダイヤルなので食い込んで痛いと思います。

管理人・啓一
管理人・啓一
口コミを調べると「ダイヤルが壊れた」っと書き込みが目立ちました。買うなら保証がしっかりしている会社で買ったほうがいいですよ。

ダイヤル式↓↓↓

4WD 可変式 ダンベル アジャスタブル 2.5kg – 24kg 2個セット ダンベルセット 筋トレ 器具 15段階調節 5秒で重量調整 ダイヤル
4WD

フレックスベル式


重量設定

  • ハンドルを回して持ち上げる

メリット

  • 形がダンベルに似ているので扱いやすい
  • 見た目がおしゃれ
  • 素早く重量設定することができる

デメリット

  • 値段が高い
  • 人気があって在庫切れになりやすい
  • 重量が4㎏刻みの商品がある


可変式ダンベルで一番人気があるのは「フレックベル式」です。

人気がある理由は、、、

  • 見た目がおしゃれ
  • 可変式ダンベルのなかでも素早く重量変更をすることできる
  • デザインがダンベルにそっくりなので扱いやすい

この3つです。

ただ、デメリットは他の可変式ダンベルと比べると値段が高いです。

全部2個セットの値段です↓↓↓

フレックスベル
・20㎏ 23655円(2㎏刻み)
・32㎏ 59660円(2㎏刻み)

※ライシンの価格です。

FIELDOOR
・22㎏ 28800円
・40㎏ 41000円

ワイルドフィット
・24㎏ 29000円
・40㎏ 48800円

フレックスベルの20㎏は安いんですけど32㎏になると値段が高くなります。

筋トレ初心者と女性なら20㎏でも良いと思うんですけど、男性でガッツリ筋トレをやりたいとなると32㎏は絶対に必要です。

この3つのなかで32㎏は一番軽いのに値段が一番高いです。

とはいえ、常に在庫がなくて入荷待ちになっている人気商品です。

値段が高くも欲しいって方が多いのは間違いないです。

管理人・啓一
管理人・啓一
重量は2㎏と4㎏刻みの2種類があります。

定番のフレックス式はコレ↓↓↓

おすすめはなに?

今回は、可変式ダンベルの種類(パワーブロック式、ダイヤル式、フレックスベル式)について特徴を紹介して比較しました。

「どれがいいのか迷う?おすすめはなに?」って方にためにおすすめを紹介します。

コスパ重視で使い勝手が良い可変式ダンベルを探しているなら「パワーブロック式」をおすすめします。

理由は、、、

  • 重量を後から追加で重くできる
  • サイズが小さくて置き場所に困らない
  • 重量を変えるとサイズも変わる
  • 内蔵ウエイトで微調整ができる
  • バーが5本ある(FIELDOORの場合)

って感じです。

デメリットは幅が狭くてパワーグリップ、リストストラップが使いづらいってことなんですけど、握力補助だったらゴム手で十分です。

とくに他の可変式ダンベルにはない機能(内蔵ウエイトで微調整できる、追加ブロックプレートで後から重くできる)が魅力的です。

ダンベルのように使えて素早く重量設定をしたいなら「フレックスベル式」をおすすめします。

理由は、、、

  • 可変式ダンベルのなかで一番ダンベルの形に近い
  • ハンドルを回すして持ち上げるだけで重量設定ができる

って感じです。

あと、見た目がおしゃれで家にあっても、自然に溶け込む感じがいいと思います。

ただ、注意点は、人気商品なので「売り切れで買えない(入荷待ち)」と「4㎏と2㎏があるから間違えないようにする」と「32㎏だと値段が高い」ことです。

ダイヤル式の可変式ダンベルは、どの重量にしても全長が変わらないことが個人的には致命的なデメリットだと思っているのでおすすめすることはできません。

なので、、、

  • パワーブロック式
  • フレックスベル式

この2つをおすすめします。

大人気の可変式ダンベル!!フレックスベルが約10%OFF!!


  • ・使いやすい2kg刻み
  • ・16段階調整
  • ・送料無料
  • ・2年間の保証期間あり

>>在庫を確認する<<