▼▼注目のタイムセール商品▼▼

→セール会場を見る

king2ring パワーグリップ pk650 proをレビュー&評価!!握力補助と手のひら保護におすすめ


今回、この記事ではking2ring パワーグリップ pk650 proのレビューをします。

もし、あなたが、、、

  • king2ring パワーグリップ pk650 proを実際に使った感想を知りたい
  • パワーグリップでおすすめの商品はなに?
  • 背中トレを快適に筋トレをしたい

って方の参考になれば幸いです。

ウエイトトレーニングをするときに、トレーニングの質を高めたいならパワーグリップは絶対に持っていたほうがいいです。

なぜなら、握力の補助や手のひらの保護をするサポートするからです。

胸、背中、脚、腕、肩などパーツにわけると一番、追い込みにくいのが背中です。

理由は、背中を追い込む前に握力が疲れてトレーニングができなくなるからです。

管理人・啓一
管理人・啓一
筋トレが習慣化し徐々にハマってきたら、パワーグリップなどのトレーニンググッズも揃えたほうがいいですよ。

動画も公開しています↓↓↓


pk650 proを使って良かったところ


 5つあります!!

  • 配送が早かった
  • ベロが程よく硬い
  • モチベーションが上がる
  • コスパが良い

まず、1つ目なんですが配送がめちゃくちゃ早かったです。

今回は、楽天市場で注文をしたんですけど「8月26日」に注文して次の日に届きました↓↓↓

ちなみに、ポスト投函です↓↓↓

Amazonと楽天市場で配送の早さを比較するとAmazonのほうが早いイメージがあったんですけど、全然そんなことないです。

楽天市場だとショップ発送で対応がバラバラなんですけど、king2ringはすぐに発送します。

あと、ポスト投函なんで受け取りでサインの必要がありません。

2つ目は、「ベロが程よく硬い」です。

以前、使っていたパワーグリップもking2ringでpk650を使っていました。

pk650とpk650 proの大きな違いは、素材です。

pk650の素材は「耐久 ネオプレン」でpk650 proはラバーです。

耐久 ネオプレンは柔らかいゴムでラバーは硬めのゴムって感じです。

ラバーのほうが硬いので耐久性があり長持ちしそうな感じがあります。

3つ目は「モチベーションがあがる」です。

これは、新しいトレーニンググッズを買うと自然にモチベーションが上がります。

とくに自分はホームジム(家にある筋トレ部屋)でトレーニングをしているので、気持ちの切り替えが難しいです。

家にいると誘惑が多いからです。

4つ目は「コスパがいい」です。

パワーグリックを調べると、ピンきりでたくさんのメーカーから販売しています。

とりあえず、ゴールドジムの商品を買えば間違いがないんですが値段が高いです。

ゴールドジムのパワーグリップは約1万円です。ものが良いのは、間違いないんと思うんですけど値段が高いです。

pk650 proはゴールドジムのパワーグリップより半額以下の値段の2980円で販売しています。

もっと安いパワーグリップもあるんですけど、よくわからないメーカーだったり口コミ評価が低いので抵抗があります。

5つ目は「カラーバリエーションが豊富」なことです。

パワーグリックは基本的にカラー1色しかありませんが、king2ringはカラーバリエーションが豊富です↓↓↓

今回購入したpk650 proは6色もあります。人とカブりにくかったり好みのカラーを選択できるところも良いところだと思います。

管理人・啓一
管理人・啓一
king2ringはコスパがよく物もよくカラーバリエーションも多いのでおすすめのメーカーです。

気になるところ


 2つあります!!

  • 硬い
  • 左右がわかりにくい

1つ目の「硬い」なんですが「硬い=耐久性がある」っとも言えるんですけど、硬いと手首に巻いてトレーニングをすると痛くなります。

pk650のほうが柔らかい素材なので、食い込んでも(重量が重いと食い込む)でも気になりませんでした。

ただ、pk650 proはベロだけでなく手首に巻く部分も硬いです。

なので、食い込むと痛いです。

悪いところ(デメリット)だと思わなき理由は、自分の経験上で何回か使えば馴染むと思っているので問題がないと考えているからです。

2つ目は、「左右がわかりにくい」です。

右利き用と左利き用があるんですが、ラベルが縫い込まれています。

外見をパッと見ただけで、右用と左用がわかりません。

対策方法で油性ペンでしるしをつけています。

管理人・啓一
管理人・啓一
悪いと思うことはなかったので、デメリットについては書きませんでした。

pk650 proのサイズの測り方と使い方


pk650 proの3サイズ(S、M、L)があります。

自分の手首は17cmありました。

測り方は、イヤホンを手首に巻いてメジャーで測りました。

で、174cmありました。

Sは14~17cm
Mは17~19cm

なので、どっちを選んだらいいのかわからなかったのでショップに問い合わせメールを送ると、、、

Mで大丈夫だと思います:)
宜しくお願い致します。

っと返信メールが来ました。

なので、Mを注文しました。

実際に巻いてみるとこんな感じ↓↓↓

長さはちょうど良かったです。

ただ、手首に当たる部分が硬いので食い込むと痛いです。

使い方は、、、

握力補助の場合↓↓↓

ベントオーバーローイング、デッドリフトを使うときは、シャフトにベロを巻いてから握ります。

手のひらを保護する場合↓↓↓

懸垂をするときはベロごろバーを握りると手のひらを保護することができます。

ちなみに、梱包はこんな感じでした↓↓↓

pk650 proの口コミの評価まとめ


個人的な感想を紹介してきましたが、ここからは口コミを調べ「印象に残った書き込み」と「参考になった書き込み」をまとめ良い口コミと悪い口コミにわけて簡単に紹介します。

口コミ・レビュー評価を調べると、、、

・Amazon 書き込み件数 373件 評価4.2
・楽天市場 書き込み件数 62件 評価4.5

評価が4以上ありますしAmazonの書き込み件数は300件を超えています。

Amazonのパワーグリップで1番書き込み件数が多いにはゴールドジムで3番目がpk650 proです。

2番目はALLOUTのパワーグリップです。

ヤラセレビューじゃないか調べると↓↓↓

合格判定でした。

良い口コミ

  • サイズが合わなくても交換してもらえました
  • デッドリフト180でも余裕
  • トレーニングの質が変わりました!
  • ラバーに厚みがあり、手のひらが痛くなりません
  • 品質、機能ともにゴールドジムのと変わりないです

悪い口コミ

  • ゴムの臭いとベタつきが気になる
  • Lはベロが長すぎて使えない

とくに良かったのが「サイズが合わなかったときに対応です。」

口コミでは、、、

販売元のking2ringさんにサイズ交換のお願いで問い合わせしました。
問い合わせ後すぐにMサイズのものと返送用封筒を送って頂けました。

 

かなり小さめなのでLサイズにサイズ変更していただきました。

迅速に送ってくれて、しかも返品用の返信封筒までついていて、非常に親切なショップです。

など対応の対応が良いっと高評価でした。

悪い口コミでは「臭いとベタつきが気になる」っとネガティブな書き込みがありました。

自分の感覚だど「物凄く強烈な感じはしません。」

1週間放置すればなくなりますし、口コミには「手洗いで洗ったら大丈夫」っと書き込みもありました。

管理人・啓一
管理人・啓一
握力補助、手のひらの保護、トレーニングの質を高めたいって方にはおすすめの商品です。